ホーム  >  つぶやきたろう  >  hibari  >  2018年  >  8月

8月

 

ある日のさくら組編

ある日、大きくなったらの話をしていたときのことです。

保「大きくなったら何になりたいですか?」

Yちゃん「ん・・・まだ きまってない!」

Mちゃん「きまっとるけど、だいがくせいになったら

また きめる!」

しっかり将来のことを考えているMちゃんでした。

ある日のすみれ組編

天気が悪く、雷がなっていた日のことです。

「ピカッ、ゴロゴロゴロ!」

Mちゃん「うわ〜 かみなり ないとるね〜」

「でも、こわくないよ!」「だって、ないとるだけやし!」

Yちゃん「本当やね〜、ないとるだけやけど、なかんといて ほしいね!」

少し怖い気持ちもありつつ、怖がっている他のお友達を

気遣う優しい女の子たちでした。

ある日のたんぽぽ組編

洋服が濡れてしまったので、着替えていたときのことです。

着替え袋の中から一生懸命洋服を探していたTくん。

保「Tくん、洋服あった?」

Tくん「・・・(さがしている)」

保「Tくん、これ、洋服じゃない?」

Tくん「・・・(さがしている)」

数分後

Tくん「あった!」

ようやく青色の洋服を出したTくん。

保「好きな洋服なの?」

Tくん「これ、すきなふく!」

お気に入りの洋服が見つかって嬉しそうなTくんでした!

ある日のつくし組編

ある日の園庭での出来事。

保「セミさん、いるかな?みんなで探してみよう!」

みんな「は〜い!」

保「セミさんの鳴き声が聞こえるか耳を澄ましてごらん!」

し〜〜〜〜〜〜〜ん・・・

セミ「ミ〜ンミ〜ンミ〜ン」

Rちゃん「あ、いま セミさん「セミ〜!」っていっとったよ!」

Rちゃんには鳴き声と言うよりも、

セミとお話したかのように嬉しそうに教えてくれました。

ある日のよつば組編

ある日の水遊びのこと。

色をつけた氷を出して遊んでいると、

バケツに入った氷をじっと見つめているKちゃん。

保「触ってごらん、つめたいよ〜」と氷を差し出すと、

ピトっと触ってみて・・・

Kちゃん「・・・た〜い!」とにっこり。

他の氷にも触りに行き、その度に大きな声で「た〜い!」と

言うKちゃんが、とても可愛かったです。

冷たくても、とても気持ちよかったね!

ある日のくるみ組編

先月のびっくりナイトを通して「手をたたきましょう」の絵本が大好きな子どもたち。

保育士が歌を歌いながら絵本のページをめくると・・・

嬉しそうに手を叩いたり、「あっはっは!」「うんうん!」「え〜ん!」と

声を発したり、笑顔で体を揺らして楽しむ姿がたくさん見られました。

サークルやトンネルで遊んでいたお友だちも・・・

耳を澄まして歌を聴き、その場で笑顔になる姿も見られ、

とても微笑ましかったです。

 
閲覧(98)