ホーム  >  つぶやきたろう  >  hibari  >  2017年  >  11月

11月

 

ある日のさくら組編

小学校(年長さんを迎える会)へ行く日のことです。

Kちゃん「あれ?わたしの うちばきズックが ない!」

保「本当や?どこかに落ちたんかな?」

二人で一生懸命探しているとAくんが来て、

Aくん「Kちゃん、ぼくの かたほうを かしてあげる!」

優しいAくんに、ほっこりとした気持ちになれました。

Kちゃんの内ばきズックも見つかり、元気に小学校へ行っていました。

ある日のすみれ組編

ある日の給食の時のこと。

Sちゃん「おおきくなったら、なにに なりたい?」

Yちゃん「ん〜アイドルかな!」

Sちゃん「Kちゃんは?」

Kちゃん「ん〜まだ きめられない。ゆめ いっぱい あるんやもん!」

たくさんの夢があるって素敵ですね!

ある日のたんぽぽ組編

ある日、廊下の窓から園庭を見ていたRくん。

Rくん「ねえ ねえ みて!とりさん いっぱい!」

保「あっ、ほんとや!10羽もいるね!」

Rくん「ひばりほいくえんの えんてい たのしいから

あそびに きてるんかね?」

園庭あそびが大好きなRくんらしい一言でした。

ある日のつくし組編

給食を食べていた時のこと。

Aちゃん「Yちゃん、ないとるよ」

Kちゃん「なんでかな?」

とお友だちが泣いている声が聞こえ心配するAちゃんとKちゃん。

そのまま食べ進めていると、しばらくして

Aちゃん「ママにあいたかったみたいよ!」

Kちゃん「ごはん たべて、おやつも たべたら くるから だいじょうぶやね!」

と話していました。

お友だちを心配し優しい言葉のやりとりに心が温かくなりました。

ある日のよつば組編

とても天気の良い日のことでした。

保「今日はとても天気がいいね〜!雲一つもないよ〜!」

Yくん「くも ないね〜!♪あお〜いそ〜ら、しろい くも〜」

Yくんの歌声を聞いて、次々と周りのお友だちも歌い出し、

気がつけば「うんどうかいのうた」の大合唱になっていました。

お歌が大好きなよつば組の子どもたちです。

ある日のくるみ組編

「いないいないばぁ」の遊びが大好きな子どもたち。

いつも得意気に「ばぁ!!」と言っていますが・・・

保育士が「いないいないばぁ だれでしょうね♪」と歌を歌うと、

一生懸命に手で顔を隠す子どもたち。

棚の中から手作りの「いないいないばぁ」のオモチャや

ペープサートを取り出しながら「ばぁ〜!」と言って

楽しむ姿が見られ、とても可愛らしかったです。

どこに何があるのか知っている子どもたちにも驚きました。

これからも、のびのびと一緒に遊ぼうね!

 
閲覧(230)