ホーム  >  つぶやきたろう  >  hibari  >  2016年  >  7月

7月

 

ある日のさくら組編

7月からTシャツで登園し、友だち同士で見せ合いをして嬉しそうな

子どもたち。

Sちゃん「みて〜!わたし きょう みずたまねん!」

Mくん「かわいいね!」

Sちゃん「ここには、あめ ふっとるげんよ!」

水玉を「雨」と表現するSちゃんが、とても可愛かったです。

ある日のすみれ組編

ある日の園庭で、遊具に蜂がとまっていました。

保「あそこに蜂さんおるから、近く行かんとこうね!」

Aくん「えっ?はち?なにばち?」

保「あの蜂さん、何かな〜?足長蜂かな〜?」

Aくん「うえきばちじゃない?」

予想外の回答に思わず笑ってしまいました。

ある日のたんぽぽ組編

雷さまが出てくる絵本を読み終えたときのことです。

自分のおへそをじっと見ていたKちゃん。

保「Kちゃん、おへそ 見てるの?」

Kちゃん「うん、まえね、おうちでも かみなりなったけど、

おへそは ちゃんと あったよ!」

自分のおへそをしっかりと確認していたKちゃんでした。

 

ある日のつくし組編

Aちゃんはいつもしっかり者で、お姉さんな姿がよく見られます。

そんなある日のこと・・・

いちごグループのみんなの前に来て、

Aちゃん「つ〜くしさん!」

いちごグループ「はぁ〜い!」

Aちゃん「いまから あそびます!」

まるで保育士のようにお友だちの前でお話をし、

リーダーになっていた頼もしいAちゃんでした。

ある日のよつば組編

園庭で遊んでいた時のことです。

最近少しずつ歩く事が出来るようにAちゃん。

少し離れた場所から、

保「こっちまで来れるかな?おいで〜!」

と言うと、手を高く上げて振りながら、

笑顔でみんなにアピールしており、

その姿が可愛らしかったです。

ある日のくるみ組編

おかえりの「♪またあした」の歌を歌うときのことです。

保「先生、みなさん、ありがとう!」と歌うと、

毎回、お辞儀をするRちゃん。

保育士の真似をして、いろんな振りをやってくれます。

これからもたくさん歌を歌って楽しもうね!

 

 

 

閲覧(346)