保育方針 <園目標>やさしい心・つよいからだ ●感謝をする子(ありがとう) ●友だちと仲よく遊べる子 ●健康でたくましい子 ★自分で考えて行動できる子

保育方針

 
「ありがとう」と「感謝のよろこび」をあらわせる心

「ありがとう」と「感謝のよろこび」をあらわせる心

保育方針をふまえ変化と充実を持った保育計画並びに、個々の事態に即した指導に努めるとともに、何事にも「ありがとう」と「感謝のよろこび」をあらわせる心を培うことに努力しています。

 
 

「健康なからだに健全な心が宿る」

「健康なからだに健全な心が宿る」をモットーに、当園では「朝のトレーニング」(はだし保育・薄着励行・ランニング・音楽に合わせ基礎体育)。「バランスのとれた栄養食」(手作りおやつ、充分気をくばった給食作り)などきめ細やかな保育を目指しています。

「健康なからだに健全な心が宿る」
 
 
遊びを通し、学びあいながら成長

遊びを通し、学びあいながら成長

遊びを通して子どもたちはいろいろな経験をします、仲良く遊ぶこともあればけんかもします。物の取り合いもすれば、ゆずりあいもします。人の嫌がることをしたり、擦り寄ってきたりします。このように子どもどうしの仲で伝えあい、学びあいながら成長していきます。子どものあるがままの姿やすばらしさに気づくとともに、内なる心の動きに少しでも近づき、的確な援助ができるよう努めていきたいと願っています。

 
 

保育時間の延長等にも配慮

就労状況はおかあさんによって異なります。安心して職場に専念できるように、保育時間の延長等には配慮するよう努力していますので、ご希望を申し出てください。

保育時間の延長等にも配慮
 
 
信頼される保育園

信頼される保育園

職員間のチームワークを常に大事にしながら、地域社会の保育ニーズに応え、信頼される保育園を目指しています。